バイヤーズ・エージェント

弊社にご連絡くださるお客様の半数(※)は、ご自分でネット検索をし、物件を絞った上で「この物件はどう?」と評価を求める方です。その物件がお勧めできない場合に、「ここがダメです」と色々ケチを付けますと、『物件にケチを付けてくれる業者は少ないから助かる』とおっしゃってくださいます。

※もう半数の方には、ご希望条件をご教示いただき、こちらから物件のご提案をいたしております。

 

勿論、その物件の良い点もお知らせします。ただケチをつけたいのではなく、『住んだ後で後悔していただきたくない』だけです。良い点も悪い点も把握していただいた上で、その価格(賃料)であることをご納得いただきたいのです。

弊社では、未公開物件は扱っていません。公開されている物件の中から、お客様と共に、“ご納得のいく物件”を探し出したいと考えています。

100%エンドユーザー(買主・借主)側に立った『バイヤーズ・エージェント』として活動をしています。

 

気になる物件をメールで頂く

 

|簡単な優劣を判定|

メールで頂いた場合、立地や地盤についての簡単な評価をお知らせいたします。前面道路の交通量や騒がしさ、買物利便性、地盤が悪いと思われる場所等を大まかにお知らせいたします。


その後、再度、お客様より物件のご提示をいただいたり、こちらからもご要望の条件に合致すると思われる物件をご提案したりというやり取りを数回行います。

 

本当に『良い』と思われる物件を絞れましたら、内見(実際に部屋の中を見ること)をします。

 

契約代行


入居したい物件が見付かりましたら、その物件を実際に見てみる(業界用語では「内見」と言っています。)必要があります。

弊社では、「レーザー距離計」等をお持ちし、ご納得のいく内見をサポートします。


内見時に弊社が見付けた事例

 

内見をして問題がなければ、「買付証明」(賃貸なら「入居申込み」)→「契約」となります。

弊社では、契約が終了するまで、100%エンドユーザー(買主・借主)側に立ったバイヤーズ・エージェントとしてのサポートを約束します。

弊社は、両手仲介(※)は行っておりませんので、ご安心ください。

売主[貸主]側の業者が直接買主[借主]を探して、売主[貸主]側・買主[借主]側双方から仲介手数料を取ること。両手の業者は、売主や貸主に不利な情報を隠す可能性があります。

 

【賃貸に関しての疑問等は、こちらのページもご覧ください】

賃貸QA <賃貸初心者のためのQ&A>

賃貸契約流れ <賃貸借契約の流れ(簡易版)>

 

 

 

まずは、お気軽にメールにてご相談ください。

メール問い合わせ